FXとその他
金融取引でお金を儲けたいと思っているけれども、FXや株式投資に投資できるお金はあまり持ち合わせがない人は、株式取引に絞って投資をするほうが良いと思います。

しかも、投資先は、小額で投資できる投資先を選ぶと良いと思います。つまり、株式の一単元の投資額が比較的安いものが良いと思います。そのような条件で株式投資銘柄を選択すると、トヨタ自動車や本田技研といった私たちになじみのある企業は除外されてしまうかもしれません。

しかし、そのような条件でも自分の興味のある企業を見つけて投資することで、その企業の業績も見るようになることで副産物として、様々な見識も広まるので株式投資をお勧めします。

最大888倍の高レバレッジと通常でも30%のボーナス
sd7f7ss ロスカットがあって安心のXEマーケットならではの特徴として挙げられるのは最大888倍の高レバレッジと通常でも30%のボーナスと時折、50%、100%のボーナスが提供される所です。日本向けのサービスも充実していて日本人スタッフによる日本語メールでのサポートが受けられます。日本のFX業者と遜色のないサービスが提供されています。特に利用にあたって英語を意識する必要もありません。

口座の種類は、1.マイクロ口座、2.スタンダード口座、3.エグゼクティブの3種類が用意されています。マイクロ口座は取引手数料なしで最小預託金が5ドルで最大レバレッジが888倍(預託金が20,000円までの場合)スプレッドは1pips~、1ロット1000通貨となっています。スタンダード口座も取引手数料なしで最小預託金が5ドルで最大レバレッジが888倍(預託金が20,000円までの場合)スプレッドは1pips~、1ロット10万通貨となっています。マイクロ、スタンダード口座共に資金が20,000ドル以上になると最大レバレッジは200倍に制限されます。エグゼクティブ口座も他の口座と同様に取引手数料なし、最大レバレッジ100倍、最小預託金額100,000ドル、スプレッド1pips~となっています。

引用: 金融派生商品.com

マイクロ口座とスタンダード口座は、混同しやすいのですが1ロット当たりの通貨数が大きく違うことに留意してください。前者は1000通貨/ロット、後者は10万通貨/ロットと大きく違います。

外為取引攻略法の一環として、自分の口座がどのタイプかであるか把握してどれ位のレバレッジでどう変化しているのか意識しておく必要があると思います。マイクロ口座のつもりでスタンダード口座で取引していたら、1000通貨のつもりが実際は10万通貨単位で取引していたという事になりかねません。相場が逆行した場合の損金も大きくなりますから注意が必要です。エグゼクティブ口座は、最小預託金が100,000ドルと非常に高いのでこの口座を利用するなら国内業者を利用した方がメリットが出てくると思います。XMで口座を作る場合は、マイクロ口座かスタンダード口座に絞るのがお勧めです。

では、XMについてまとめてみましょう。小額で高レバレッジで取引したい場合に口座を持っておきたい業者です。適度のボーナスがあるのも美点の一つです。スプレッドと約定スピードは国内業者に一歩譲りますが、日本語でのサポートとやり取り・プロモーションの案内が来るなどサービスは及第点を付けることができます。活用して損はないFX業者のひとつと言えるでしょう。尚、口座から出金する場合は、身分と住所を証明する書類を提出しなければ出金できませんのでこの点に注意してください。